補綴(ほてつ) | 小池病院TEST 補綴(ほてつ) | 小池病院TEST

PROSTHETICS

ABOUT補綴(ほてつ)歯科

補綴歯科とは

見た目やかみ合わせを人工の歯で補う治療法

歯科治療における補綴とは,歯が欠けたり、なくなった場合にクラウンや入れ歯などの人工物で補うことをいいます。

補綴歯科

クラウン

一般的に「差し歯」や「被せ物」という表現を使われることが多い治療です。
保険診療から自費診療まで幅広く対応致しております。

ブリッジ

歯が1~2本なくなった場合、なくなった両脇の歯がしっかりしている時に、両脇の歯を支えとして人工の歯を橋のように架けるものをブリッジと言います。歯の根(歯根)がしっかりしていれば、歯根に土台(金属などで製作します)をたてて、冠をかぶせるために型をとり、ブリッジを造ってセメントでつけます。

部分入れ歯

部分入れ歯は、生まれつき歯が少なくて隙間が広く開いていたり、むし歯や歯周病、あるいは事故、手術などで歯や骨の一部がなくなった場合、そのなくなったところを補う装置のことです。これによって、形態や見た目の不良を回復し、食事やしゃべりやすさを改善します。

総入れ歯

お口の状況や入れ歯を入れる目的などに応じて、ご相談に応じております。

インプラント

人工歯根とも呼ばれ、歯がなくなったところの骨に主にチタンなどの金属を埋め込み、その上に人工の歯を作る方法です。インプラントの埋め込みには外科手術が、また骨としっかりくっつくためには期間が必要です。顎の骨の量が十分にあること、骨の質に問題がないこと、骨粗鬆症や糖尿病などの全身的な問題がないことが前提になります。

ホワイトニング

薬や病気、年をとるなどによって着色・変色してしまった歯を、輝く白い歯に戻します。処置の方法は適応症の種類や程度によって異なります。

KOIKE Hospital All rights Reserved.